どんなトリートメントを使うと髪を美しくできる?

ノンシリコンシャンプーって何?

ここ数年で、シャンプーの種類に「ノンシリコンシャンプー」というものが仲間入りしてきました。
「ノンシリコンシャンプー=値段が高い」というイメージが私の中にあるのですが、一体どういうものを指しているのでしょうか。

 

ノンシリコンシャンプーって、普通のシャンプーと何が違うの?

果たして、普通のシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いって何なのでしょうか。
ノンシリコンシャンプーとは、名前の通り「シャンプーにシリコンが入っていないもの」を指します。
シリコンとは豊胸などでよく聞きますが、それとはまた違った化粧品にも使われているシリコンになります。
普通のシャンプーにはキューティクルをコーティングするために配合されているのですが、手触りが良くなったり艶が出たりするけれど、髪の表面をコーティングするだけで内部を補修したり保湿できるような効果はありません。
「キューティクルをコーティングしてくれるなら痛まないし、シリコン入りの普通のシャンプーでいいのでは?」と思いますが、そのコーティングのせいで髪の内部まで栄養が浸透しなかったり、シャンプーは汚れを落とすために行うのに結果的に頭皮や髪の毛に良くない。ということになってしまします。
そのために近年、ノンシリコンシャンプーが注目されているわけです。

 

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの見分け方

それではシリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの見分け方ってあるのでしょうか?
シャンプーボトルを見ても「シリコン」とい言葉は表記されていません。
シリコンとは「ジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シリル、シロキ、シラン」のことを言い、これらの成分が1つでも配合されていれば、シリコン入りのシャンプーと見分けることができます。
「複雑な名前だから覚えられない」となってしましそうですが、今ではインターネットが発達しています。
シャンプーを選ぶ際に、スマートフォンや携帯電話で調べればいいのです。

 

シャンプーは自分に合ったものを選ぼう。

さらにシャンプーには「アルコール系」「石けん系」「アミノ酸系」という種類があります。
アルコール系のノンシリコンシャンプーは泡立ちは良いのですが、その分「ラウレス硫酸」という洗浄成分がきつく、頭皮への刺激が大きいので、敏感肌の方には向いていません。
石けん系のノンシリコンシャンプーは石けんカスが髪に残ることがあり、アルカリ性であるために髪にはあまり良くないと言えます。
しかし合繊洗剤を使用してないので、一部の客層には人気のあるシャンプーです。
最後にアミノ酸系のノンシリコンシャンプーですが、髪の毛はアミノ酸なので相性がいいようです。
敏感肌の方には低刺激であるアミノ酸系をオススメします。
次にシリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーのメリットをまとめてみます。

シリコン入りシャンプーのメリット
  1. シャンプー中に髪の摩擦を減らし、キューティクルが破損するのを防ぐ
  2. ドライヤーの熱から髪を守ってくれる。
  3. 広がりやすい髪をまとめてくれる
ノンシリコンシャンプーのメリット
  1. 洗い上がりが軽い
  2. 髪の毛がサラサラになり、ペタンコになりにくい

 

シリコンのコーティングで艶を出し、髪を落ち着かせたい人はシリコン入り、根元からボリュームを出したい人はノンシリコンなど、自分のなりたい髪質に合わせてシャンプーを選べるということですね。
コンディショナーやトリートメントに関しても同じことが言えるそうです。
しかし、ノンシリコンシャンプーとコンディショナーのセットには、「シャンプーがノンシリコンでも、コンディショナーがシリコン入り」というのがたくさんあるそうです。
最近では低価格のノンシリコンシャンプーも発売されているみたいですが、他の洗浄成分の刺激が強かったり・・・ということもあるそうなので、やはりきちんとボトルの成分表示を確認したほうがいいですね。
「ラウレス硫酸系」「ラウリル硫酸系」は洗浄成分が強いそうです。
あとは個人の使用感だと思うので、いろいろ試してみて自分の髪に合うシャンプー、コスト的にも続けていけるシャンプーを探してみるのもいいかもしれませんね。