どんなトリートメントを使うと髪を美しくできる?

トリートメントを使っても髪がパサパサになるのはなぜ?

日頃から「ちゃんとトリートメントしているのに、髪がパサついて困る」なんて事ありませんか?
もしかすると毎日やっている何気ないことが、パサつきの原因かもしれません。
ここでは、髪のパサつきについて学んでいこうと思います。

 

まずは髪のパサつく原因を知ろう

まず「髪がパサつく」とは、どういう状態のことを言うのでしょうか。
簡単に言うと「髪のツヤがなくなり、ごわごわして広がりやすくなった」状態と言えます。
髪のパサつきには表面のキューティクルが深く関わってくるのですが、髪がパサつく理由は2つあります。

  1. 開いてしまったキューティクルから栄養分がなくなり、水分を保てなくなるから
  2. 血液の循環が悪くなると、髪に栄養が行き渡らなくなり栄養不足になるから

というのが大きな理由です。
前者はなんとなく想像できますが、後者も髪がパサつく理由なのですね。
それでは、なぜキューティクルが壊れてしまうのでしょうか。
原因を調べてみましょう。

  1. 過度なシャンプーやブラッシング
  2. 紫外線の影響
  3. 過度なパーマやカラーリング
  4. 間違った髪の乾かし方
  5. 髪の栄養不足
  6. 女性ホルモンの低下

などがあげられます。
髪の汚れが気になるからといって、爪を立てて頭皮を洗ったり、髪の毛同士をゴシゴシこすり合わせて洗ったりすると頭皮や髪が傷みます。
ブラッシングも絡まった髪を無理にほどこうとすると、髪に余計な負荷がかかり枝毛や切れ毛の原因になります。
紫外線も強いものを浴びてしまうと、髪が乾燥してキューティクルが開く原因になります。
夏場などは、帽子をかぶるなどの対策が必要ですね。
パーマやカラーリングも刺激の強い化学薬品を使うため、やりすぎるとキューティクルがはがれてしまいます。
また、髪が濡れているとキューティクルは開きやすくなるため、シャンプー後の自然乾燥も好ましくないです。
だからといって、高温のドライヤーで乾かすのもキューティクルには良くないです。
これらの原因が毎日やっている何気ないことに当てはまるなら、一度ヘアケアの仕方を見直してみるのもいいのかもしれません。
最後の2つについては、生活習慣や食生活の改善が必要になってきます。
髪の毛は身体の末端の細胞なので、栄養が回ってくるのは一番最後になります。
なので、無理なダイエットや食生活のバランスが悪いと、髪に栄養が届かなくなります。
また、ストレスなどで女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、血行が悪くなり髪の毛が徐々に細くなってしまいます。
「せっかくダイエットしたのに髪がパサパサ」なんて事にならないように気をつけたほうがいいのかもしれません。

 

トリートメントで何とかならないの?

それではパサパサになった髪の毛を、何とかして健康な髪の毛にできないのでしょうか。
ヘアケアを見直すことはもちろんですが、トリートメントもプラスして健康な髪を手に入れましょう。
「ヘアケアを見直す」と言っても、「何をどうすれば?」と思うかもしれません。
それほど難しいことではないので、実践してみましょう。

  1. 髪を洗うのは38℃くらいのお湯で。
  2. 髪は根元からしっかり乾かす。
  3. トリートメントの用法・容量は正しく守る。
  4. 自分に合った保湿アイテムを薄く均等につける。

といったところでしょうか。
「洗顔は熱いお湯NG」と同じように、髪も熱いお湯で洗ってしまうと頭皮の乾燥やかゆみの原因になってしまいます。
そしてシャンプー後はドライヤーで根元からしっかり乾かします。
しかし、毛流れに逆らって乾かすのはNG。
毛流れに沿って、頭皮もしっかり乾かしてください。
そして、トリートメントで髪に栄養を与えましょう。
インバス、アウトバス関係なく、用法・容量は説明書きに書いてある通り使ってください。
たくさん使ったり、長時間置いたからといって、効果が倍増するわけではありません。
また、使用感・仕上がりの好みは人によって違うので、自分好みのものを探してみて下さい。
どれも普段から気にしていれば、簡単にできるものばかりです。
自分好みのヘアケア用品が見つかれば、ヘアケアも楽しくなるかもしれませんね。