どんなトリートメントを使うと髪を美しくできる?

ノンシリコンの洗い流さないトリートメントはどうなの?

シャンプー、コンディショナーにはシリコンの入ったものと、ノンシリコンのものがあることを学びました。
では、トリートメントにもノンシリコンタイプはあるのでしょうか。

 

トリートメントにもノンシリコンタイプはある

ノンシリコンシャンプー・コンディショナーがどんなものかは前に説明したと思いますが、もう一度おさらいしておきましょう。
シリコンとは「ジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シリル、シロキ、シランなど」の総称です。

 

この成分が1つでも含まれていれば、シリコン入りのシャンプー・コンディショナー・トリートメントとなるわけです。
このシリコンが髪をコーティングする役割を果たしているのですが、ノンシリコンにはこのような成分が含まれていません。

 

なのでノンシリコンのものには、シリコンの代わりになるような成分が含まれているのです。
と言われると、必ずしもシリコン入りのものが髪に悪くて、ノンシリコンのものが髪に良いとは言い切れません。
シリコン入りでもすすぎをしっかりすれば、毛穴に詰まることはありませんし、安全性にも優れているので、髪のコーティング成分のわからないノンシリコンのものを使うより、シリコン入りのものを使うほうが安心できます。

 

ノンシリコンでオススメの洗い流さないトリートメントはリシリッチという商品です。
無添加ですし安心して使えます。リシリッチは口コミでも評価が高く、販売元のサスティは髪ケア商品を出している老舗でもあります。
信頼性もあり多くのファンが利用しています。

 

ノンシリコンタイプでも安全なものもある

では、ノンシリコンは全て危険なものなのでしょうか。
いえ、そうではありません。

 

シャンプーの例えになりますが、ノンシリコンシャンプーでも「アミノ酸シャンプー」であれば、髪の油分を程よく残して洗ってくれるので、自然な髪のコーティングになります。
しかし、ほとんどのシャンプーは「高級アルコール系シャンプー」なので、髪の油分などをしっかり洗い流してしまいます。
なので傷んでいる髪の毛には、全てノンシリコン製品でまとめるのではなく、シャンプーがノンシリコンならコンディショナーかトリートメントはシリコン入りにするなどしたほうが、ダメージには良いです。
傷んでいる部分も枝毛の部分もシリコンがコーティングしてくれます。
髪の毛はすでに死んでいる細胞なので、自力では修復できません。

 

ですので、自分たちでケアをして修復させてあげなければいけません。
ノンシリコンでは痛んだ髪の補修はできないのです。
シリコン入り、ノンシリコンにこだわるのはいいですが、まずは自分の髪の毛と向き合ってみて下さい。
スキンケア用品を選ぶように、ヘアケア用品も自分に合ったものを見つけましょう。

 

そう考えると、家族みんなで1種類のものを使うより、個人個人に合ったものを使うほうが髪の健康にはいいわけです。
でも実際は、コスト的な問題や置き場所の問題で、家族で1種類になってしまうのでしょうね。
シャンプー、コンディショナー、トリートメント選びも難しいものです。